メイン

RSS

« 熊本 イ草刈り取り体験記 嫁ぎ先編 | TOPICS トップへ | 熊本 イ草刈り取り体験記  釜入れ編 »

熊本 イ草刈り取り体験記 刈り取り編

みなさんこんにちは!
白髪染めは3ヶ月に1回のペースです。
高橋です♪


7月6日 15;00
八代に入るや否や田んぼに向かいます。
農家さんのご自宅で着替えを済ませ、軽トラに乗り込みます。


%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202017-07-12%2018.20.50.png


15;30 田んぼに到着!
大雨でしたが田んぼ一面に生い茂る雨に濡れたイ草はとてもキレイでした。

田んぼの形や水田の泥の質は秋田で見る稲田と特に変わりはなく、イ草を刈り取った同じ田に続けて米の稲を植えて秋に刈り取りをします。
暖かい地方特有の二毛作ですね。

食べるお米と同じ田で育つイ草はそれだけ安全ともいえます。


IMG_1223.JPG


16;00 手刈り開始
米作農家の家に産まれた私ですので全くの素人という訳ではありません。
始めに刈り取り機械の入るスペースだけ手刈りをします。

稲刈りと違った所は1株に30本ほど育っても短い草はすぐり取られて長い草しか残さないというところでした。


IMG_1239.JPG


刈り取って束ねたイ草の原草をコンテナに積み込みます。
傷めないように愛情を持って積み込みます。
雨に濡れてどんなに重くても愛情を持って積み込みます。


19;00 初日の刈り取り作業完了
刈り取って終わりではなく、作業小屋に戻ってコンテナに積まれたイ草を翌朝の釜入れ作業の下準備です。 
その模様はまた次回(^-^)/
nobu